目黒区緑が丘 実績のある個別指導塾 学習塾【英才個別学院 緑が丘校】へお任せ下さい!

menu

目黒区緑が丘 実績のある個別指導塾 学習塾|英才個別学院 緑が丘校

目黒区緑が丘の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 緑が丘校】見えてきた26年度の都立自校問題

目黒区緑が丘の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 緑が丘校】室長の志田です。

 

都立高校のうちレベルの高い高校は入試にあたって英語と数学、国語については標準問題ではなく、自分の高校で作成した問題(自校作成問題)を使用してきました(国際高校は英語のみ自校問題)。

自校問題はこれまでは各校がそれぞれ作成してきました。

しかし来年2月に行われる26年度の入試から、これが変わります。

自校作成問題を使用する高校をいくつかのグループに分け、各グループは原則として共通の問題を使用します。

自校グループ

ただし、いくつかの共通問題を各校独自の問題と差し替えることができます。

では、共通問題のレベルをどの辺りに設定し、どのくらいの問題を差し替えるのでしょうか?

上記の複数の高校の入試説明会に参加したところ、ある程度見えてきました。

どの教科も大きな問題(大問題)四つから五つで構成されています。

どうやらこの大問題のうち一つは独自問題に差し替える高校が多いようです。

例えば進学重視型単位制高校グループの場合です。

新宿高校と墨田川高校ではレベルに少々差があります。

新宿高校はどの教科も大問題一つを差し替えるようです。

恐らくこれまで自校で作成してきた問題のうち、最も難しい問題を共通問題と差し替えるように思われます。

逆に墨田川高校はこれまでの新宿高校の問題のうち最も難しい大問題はできなくてもよいとしています。

進学指導重点校グループにしても、各校が独自色を出しやすい難問は差し替えてくると予想されます。

では、どのような勉強をしたらよいでしょうか。

妙手はありませんが、自分が受ける高校と同一のグループの過去問は解いておいた方がよさそうです。

そして最難関の問題は他校の問題が解けなくても、自分が受ける高校の過去問は解けるようにしておけばよいでしょう。

*****英才個別学院 緑が丘校 概要*****

【授業時間】 17時00分~21時25分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【申込方法①】当教室ホームページからお問い合わせください http://eisai-midorigaoka.com/

【申込方法②】当教室までお電話ください 03-5731-3633(14:00~21:00)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 緑が丘校 フェイスブック
英才個別学院 緑が丘校 ツイッター
英才個別学院 緑が丘校 YouTube チャンネル
英才個別学院 緑が丘校 Google+