目黒区緑が丘 実績のある個別指導塾 学習塾【英才個別学院 緑が丘校】へお任せ下さい!

menu

目黒区緑が丘 実績のある個別指導塾 学習塾|英才個別学院 緑が丘校

AO入試受験の皆さん⑥ 目黒区緑が丘の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 緑が丘校】

目黒区緑が丘の個別指導塾 学習塾【英才個別学院緑が丘校】講師の小野です。

九月も終わりに差し掛かり、だんだんと秋めいてまいりました。季節の変わり目は体調にご注意ください。

さて、本日のブログもAO入試に関して、続きです。長期連載となってきましたね・・・言いたいことがたくさんあるものですいません笑

前回は、なぜわざわざ話をややこしくするような逆説的なことを述べるのか?という疑問で終わりました。

結論から言うと、そのほうが説得力が増すからです。

いったん反論を受け入れ、それを肯定することによって反論側の意見も尊重していることを示し

またその直後にその意見を覆すような自分の意見を述べることによって、持論が完璧なものとなるのです!

抽象的な話をされてもピンとこないと思いますので、「なぜ我々は小中高で勉強しなければならないのか?」を例にとってみます。

想定しうる反論は、「古文とか漢文なんて将来使わないし、数学とか使わなくたって生きていけるだろ!やる意味なんかないからやめてしまえ!」といった感じのものであると思います。では、上記の方法で論じていきたいと思います。

「確かに古文や漢文、数学は多くの人々にとって将来使わない学問かもしれない。使わない学問に時間をかけるよりも得意であるものに時間をかけ、特化したほうが良いというのは一理ある。」

「しかし、これらの学問はすべての学問の中で比較的易しいものであり、こんなものもこなせないようであるならば、将来本当にやりたい学問などとっかかれるわけがない。ましてや苦手なものをどう克服するか、得意なものをどう極めていくかの練習をしなければ、学問を学ぶことなんてできずに、役に立たない大人になってしまうであろう。」

…とまあ、少し論調は激しめですが、結構説得力のある文章ではないでしょうか?

どうでしょうか?ここに挙げた方法はほんの一例であり、これから様々な方法を紹介できたらと思います。

当学院には優秀な講師がたくさんおります。ぜひご連絡ください!

***英才個別学院 緑が丘校 概要*****

【授業時間】 17時00分~21時25分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【申込方法①】当教室ホームページからお問い合わせください http://eisai-midorigaoka.com/

【申込方法②】当教室までお電話ください 03-5731-3633(14:00~21:00)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 緑が丘校 フェイスブック
英才個別学院 緑が丘校 ツイッター
英才個別学院 緑が丘校 YouTube チャンネル
英才個別学院 緑が丘校 Google+